西島悠也秘伝の「兼営戦略術」をまとめています

西島悠也の経営の力

西島悠也

会社にとって一番大事になってくるものは何だろうか。西島悠也は人、つまり会社に勤務している人だと考えています。人がいなければ会社は回らないため最も重要なことだと理解できるのではないだろうか。

 

そんな中、今回のテーマは経営の力。なぜ経営の力なのかと言いますと、人=社員が頑張っていくためには会社の経営がよくないとどんなに優秀な人員がいたとしても会社が存続できないからである。

 

経営の力が強ければ強いほど会社がどんどん回っていき、社員は仕事が常にある状態であり、この状態が続くことが会社にとって最良の状態と言えるのではないでしょうか。

 

この「経営の力」だけが全てではないですが、確実に重要な一つになっているのではないでしょうか。